Menu
Total

リビルトステアリングラック

 

リビルトステアリングラック


ステアリングラックはオーバホール後、消耗部品を交換した部品です。

【適合車種】
型式が同じでも適合しません。落札前に適合確認が必要です。車種、型式、車台番号、型式指定番号、類別区分番号、年式、AT/MTの区別、発送先、購入日 を記載してお問い合わせください。・型式が同じでも適合しない場合があります。また価格が異なる場合があります。
・購入時は適合を確認いたします。十分検討後車載情報、発送先、発送日を記載してお問い合わせください。
・適合確認なしで落札の場合は対応できない場合があります。
・日祭日のお問い合わせは翌営業日となります。
【商品説明】
■リビルトラック&ピニオンはオーバホール後、消耗部品を交換し再組み付け再生した部品です。タイロッドエンドは付属していません。
■表示価格はコア(取り外したラック&ピニオン)返却が条件となります。コアをお送りした箱に入れて、同梱の送料着払伝票で10日以内に返却をお願い致します。コア返却がない場合は別途コア代として30000円がプラスとなります。
■タイロッドエンドは付属しません。
■コア返却時は運送会社と荷番号をご連絡ください。
■写真はサンプルです。
【送料・発送】
■土(本州、四国、九州、北海道)は送料無料です。
■沖縄県、島しょは別途送料3000円がプラスとなります。
【代金のお支払い】
■振込先はジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行。
【保証に関して】
①自動車メーカ修理書の手順(組み立て順序、指定トルク締め付け、指定取り付け位置)で取り付けを行ってください。
②取り付けは認証工場で行ってください。
これらを実施して頂けなかった場合はクレームをお受けできません。
【保証期間】
発送日後 1年または1万km どちらか早い方。但しブーツの保証はありません。。注意:保証期間内において製品に品質上の責に帰す欠陥が発生し、リビルダーがその原因を認めた場合無償修理します。但し工賃、諸経費、部品代、油代、代車等のご請求はお受けできません。【適用除外】
①事故による破損、不適切な取り付け、誤った使用が原因である不具合の場合。
②事故による損傷、他の部位に起因して製品に欠陥が生じた場合。
③レース用、オフロード用、貨物用などに改造された車に使用されたことが原因である不具合の場合。
④当製品に対して修正または改造を加えたリ、自動車メーカーでは取り付けていないアクセサリーや装置を取り付けたことが原因の不具合の場合。
⑤当製品以外の部品が原因による不具合の場合。
⑥火災、天災地変(地震、風水害、落雷等)、塩害、ガス害による故障及び、損傷の場合。
⑦欠陥品の返却が無い場合。
⑧海外へ輸出した場合。

 

現物修理 ステアリングラック
現物修理 ステアリングラックはオーバホール後、消耗部品を交換しした部品です。
【適用車種】
現物修理 ステアリングラック です。落札前に現物修理可能かの確認が必要です。社名(メーカー)、車種、型式、車台番号、型式指定番号、類別区分番号、AT/MTの区別、年式及び発送先都道府県名info@rebuilt.co.jpまでご連絡ください。適合をお調べいたします。■適合確認は十分ご検討後にお願いします。
■適合品で在庫がある場合は先出しできます。
■現物修理ラック&ピニオンです。
■基本交換部品:ベアリング、シール、オーリング、ラックブーツ、ワッシャー
■現物修理ですので、不具合のステアリングラックをお送り頂き、現物リビルトしてご返却となります。
■コアの状態で修理不可もあります。
■お送り時の送料はお客様負担となります。
【送料】
■発送時の送料は元払いとなります。
【代金のお支払い】
■振込先はジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行
【保証に関して】
①製品は厳重な品質検査を行って出荷しています。保証期間内において製品に品質上の責に帰す欠陥が発生し、リビルダーがその原因を認めた場合交換させていただきます。
②自動車メーカ修理書の手順(組み立て順序、指定トルク締め付け、指定取り付け位置)で取り付けを行ってください。
③手順に従って作業を行ってください。
④取り付けは認証工場で行ってください。
これらを実施して頂けなかった場合はクレームをお受けできません。
注意:保証期間内でおいて商品に不具合が発生し、リビルダーが認めた場合に、無料で修理いたします。但し工賃、諸経費、部品代、油代、代車等のご請求はお受けできません。
【保証期間】
発送日後 1年または1万km保証(どちらか早い方)但しブーツの保証はありません。保証期間内において製品に品質上の責に帰す欠陥が発生し、リビルダーがその原因を認めた場合無償修理します。但し工賃、諸経費、部品代、油代、代車等のご請求はお受けできません。【適用除外】
①事故による破損、不適切な取り付け、誤った使用が原因である不具合の場合。
②事故による損傷、他の部位に起因して製品に欠陥が生じた場合。
③レース用、オフロード用、貨物用などに改造された車に使用されたことが原因である不具合の場合。
④当製品に対して修正または改造を加えたリ、自動車メーカーでは取り付けていないアクセサリーや装置を取り付けたことが原因の不具合の場合。
⑤当製品以外の部品が原因による不具合の場合。
⑥火災、天災地変(地震、風水害、落雷等)、塩害、ガス害による故障及び、損傷の場合。
⑦欠陥品の返却が無い場合。
⑧海外へ輸出した場合。